毎日の色つなぎ

毎日しあわせな事が沢山あるとうれしいけど、ブルーな経験も長い人生の中では丁度良いアクセントになるかも。 いろいろな毎日の色。大きなキルトの様にいろんな色をつなぎ合わせて生きたいな。
0512345678910111213141516171819202122232425262728293007

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

トープ色の世界

パッチワークを初めて、七年。
やってみよう!って思ったのはパステルカラーのカラフルなパッチワークを作成している方の存在があったからです。

高校生の頃、今で言うところのトープカラーのキルトを作ってるオバから進められて布つなぎをしてみた事があったのですが、布をつないで一枚の大きな布のする行為(ピーシング)自体はものすごく面白かったけど、布が渋すぎておばさんくさいって思っちゃったんだよね(笑)

それ以来パッチワークに手をつけることはなかったんだけど、ネットでカラフルな布を発見してからは、楽しそう!って思ってしまって今に至ります。

きっかけとなったカラフルなキルトはもちろん今でもすきなんだけど、昨年あたりからふつふと、トープカラーに興味が出てきました。
そのきっかけは斉藤謡子さんの作品でした。

どこか懐かしく、暖かくそして繊細。こんなキルト作って見たいな~って思ったのです。
その最初に見た作品を作って見ました。
kako-GobKYoV3d5CTbh4P.jpg
パッチワーク通信NO156に載っていた小鳥のクラフトケースです。
さっそくすぐに材料を取り寄せたのですが、にがてなアップリケだらけなのですぐには手が伸びずにしまいこまれていました。

でも、いつまでもしまっていてもと思い、この前出してきました。
見本では青い鳥になってましたが、ピンクの鳥にしたくて変更させて頂きました。
line20.gif


kako-MSFZSWGj3Zvn9KFa.jpg
        line20.gif

kako-udr5NWrQuvD9QW3O.jpg
トープとはどんなものかまだ良くわかってませんが、やっぱり少しカラフルにしたいなと感じてしまうのでした。

もう一息で完成!!

他にもいろいろキットを購入させて頂きました。
まずはキットでいろいろ色合いを学んで、それからいつかオリジナリティあふれる作品を作れたらって思います。
それこそおばあちゃんになってるかも(笑)
スポンサーサイト
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。